病院

水虫を改善するには専用の薬を使おう|細菌を除去してくれる

白癬菌の感染症と治療

フット

白癬菌の感染症の特徴

白癬菌(はくせんきん)が人間に感染しておこる病気として、いわゆる水虫があります。白癬菌は、真菌というカビの一種なので、湿度が高く湿った環境を好みます。水虫は、足だけに起こるイメージがあるかもしれませんが、足以外の箇所にも発生することがあります。日本人の四人に一人が水虫にかかっていると考えられています。白癬菌は、皮膚の表面の角質層に侵入し、繁殖します。その白癬菌の出す代謝物は、人間の体にとって異物なので、かゆみや炎症が起こるのです。水虫の種類として、足の裏の皮膚が硬くなり角化型や、小さな水ぶくれ(水泡)ができてかゆみが強い小水疱型、足の指の間の皮がふやけて痒みが強い趾間型というタイプがあります。

治療の情報

水虫には、このように種類があるので、自分の症状に合った効果の高い薬は、皮膚科で水虫と診断してもらってから処方してもらうのがおすすめです。水虫と似た症状で、水虫と異なる病気もあるので、それに対して市販の水虫薬を使用しても、治らないからです。水虫薬には、例えばイミダゾール系の薬があり、白癬菌だけでなく、カンジダなどの他の真菌症にも効果があります。それまでの薬よりも効果が高いのが特徴です。他に、ブテナフィンという薬は、白癬菌に対しての効果が高いのが特徴、一日に一回の使用で効果が持続するのです。外用薬は、症状のある部分以外にも広く塗布し、症状が治まっても数カ月は塗り続けるのが基本です。皮膚の深い部分に潜伏しているからです。

吹き出物の治療

カウンセリング

吹き出物ができたときには、自分で直そうとするのではなく、必ず皮膚科に通院してください。西荻窪には複数の皮膚科があります。薬を処方してもらい、適切な処置を行ってください。根気よく治療することが求められます。

More Detail

長く付き合える医師探し

病棟

アトピー性皮膚炎を完治する特効薬はなく、劇的に症状がよくなる生活習慣や食事もありません。その人に合った治療法を根気よく探してくれる医師のもとで、ゆっくりと治していくことが大切です。脱ステロイドにあまりこだわらずに、少しづつ距離が置けるといいでしょう。大阪には、漢方治療をするクリニックもあります。

More Detail

皮膚のかゆみ

ハートを持つ医者

皮膚にかゆみがあるときには、早めに皮膚科に通院しましょう。かゆみの原因を特定し、適切な治療が可能となります。新宿には多数の皮膚科がありますので、病院情報が集まっているポータルサイトを使って病院選びをしてください。

More Detail